体験レポート

無痛分娩を断念、痛みを和らげる方法を極めて自然分娩に臨んだ話【出産レポート後編③】

こんにちは!
あきぴっちゃんブログへようこそ!
はじめましての方はこちらも合わせてご覧ください

無痛分娩を断念、痛みを和らげる方法を極めて自然分娩に臨んだ話【出産レポート後編③】

▼前回のお話はこちらです

(このときには鬼滅なかったけど…笑)

ここでずっと練習していたいきむときの呼吸がすんなり出来たのが本当によかったです。
無駄ではなかったな…と。
また骨盤底筋にもすんなり力がちゃんと入るのが自分でわかるんです(驚き)
これもしっかり練習した成果だなって思いました。
そんなに時間はかからないだろうと確信し、最後の力を振り絞りました!

アイコン名を入力

おわりです~。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

本当は初めて子ぴっちゃんの顔を初めてみた時どんな風に感じたか、そのあとはどういう流れだったのかも書きたかったのですが、ひとまず陣痛に特化してお話をまとめました。

初めて子どもの顔を見た時、しわしわで見た目はめちゃめちゃガ○ツ石松なんですけど、不思議とはちゃめちゃに可愛いんですよね。
うまれた瞬間から私の顔ものすごい笑顔だったと思います。
もう痛みを忘れてるんですよね。

まだ股を縫わなければならないというのに…
縫われているときも全然痛くないって感じるんですよ。
麻酔をされていたのか、子どもが可愛くて麻痺しているのかよくわからないけど。

今回やってみたことは産後もとても体を助けてくれました。
そのお話も機会があれば続きを描いてみたいです。

お産にはいろんなかたちがあります。

どのお産がいいとかはないと思っていて、人それぞれなんじゃないかなって。

自然にうむ人も、無痛分娩を選択する人、帝王切開でうむ人…

どんなお産も命がけで尊いものであり、お母さんはただただ赤ちゃんに無事に元気にうまれてきて欲しい、ただそれだけだと思います。

今回の出産レポートがそんなお母さんたちの参考のひとつになれたら嬉しいです😊

あきぴっちゃん

あきぴっちゃんは、もし第二子を出産することがあれば、次は里帰り出産をやめて都内で無痛分娩にしたいと思います!


最後までお読みいただきありがとうございました!
おもしろかったらぜひ「ぽちぃ」お願いします


ファミリーランキング


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です